ここほれワンワード19

目を閉じてみろ なにも見えないだろう 「はい教官!何も見えません!」 と言いたいところですが、見えるんですよ、白っぽい何かが。 昔から「時間の粒子」とか「記憶の残像」とか「心の波紋」とか勝手に思って処理しているんですが、お客様の中に同志、同志…

ここほれワンワード18

人の悪口言ってるヒマがあったら俺のことをほめてくれよ。 ーshowgunnー 愚痴ってるとき、もしかしたらいつもこう思わせてるんじゃないか?と思ったら、急に抱きしめたくなった。 うちの犬を。 (実際は腹を強く撫でた。)

ここほれワンワード17

働いてるのに人生楽しそうな人すごい 仕事見つけるために頑張っていた日々がありました。 それなのに。「仕事だから」が言い訳になったの、いつからだっけか。 思い出そうとしてやめました。 あ。違う。 “働く”と“勤める”って別のことだ。 今回のワンワード…

ここほれワンワード16

やさしい人は、人間や物事に対する期待値が低いような気がする。 ーmojixー 世の中(人の中)にはいろんなやさしさがありまして、伝わらないやさしさはやさしさと呼べるのか?とかまあ、いろいろよくわからなくなってきました今日このごろ。 自分はやさしい…

ここほれワンワード15

水木先生の92歳って人間で言うと何歳くらいなんだろう ーpark改六ー 93歳になられました。人間で言うと。 “人間で言うと”が似合うのは、デーモン小暮閣下か水木しげる先生か、ということになりそうですが、、、やっぱり水木先生ですね。 入院されたと聞い…

ここほれワンワード14

女の子から「雨っていいよね」と言われたので「どうして?」と尋ねたら「今ダムに水が貯まってるんだって考えるとワクワクするじゃん」と返されて不覚にも勃起した。 ーWAFLー これは下ネタではありません。 繰り返します。これは下ネタではありません。 女…

ここほれワンワード13

電車に乗っていたらバンド風の若者二人が会話していた。会話の内容はあまり聞き取れなかったが、彼らの会話の中で『運のいい時に実力が無かったら困るじゃん』と言う台詞がはっきり聞こえた。その台詞を聞いて『ああ。どうしてこういう考えができなかったの…

ここほれワンワード12

肝心なのは、早く寝るように心がけるよりも、起きてだらだらといろんなことをやり続けるのをやめることでした ーケリー・マクゴニガルー ごめんなさい。 だらだらするために起きてます。 そんな日曜昼下がり。

ここほれワンワード11

「どこのおかんもみな一緒。住所がちがうだけ。」むちゃなことを言い続けるおかんに関するブラジルのことわざ。 ーHiroshitoー 地球の裏側ブラジルとこんなことわざでつながってるなんて。 ホンマかいな?と思わなくもないけれど。 おかんはみんなのために …

ここほれワンワード10

昔高校の地学専攻の先生に「幸せって何ですかね」って聞いたときに「明日が楽しみなことじゃない?」って答えてもらったのを覚えてる。素敵な先生だった。 ーChlóəー 明日が楽しみ? なにかワクワクがあれば人は幸せなのかも知れない。 それが誰かの不幸であ…

ここほれワンワード9

カチカチはやるべきやろ どんな掴み感か分からず いきなり本番に挑んだらパン落とすわ あれは素振りや パン屋さんにて。 トレイをシュッ、トングを手に取りカチカチ。掴み感を確かめるというより、来たわよの合図か。 パンは落とすより、潰すほうが気になり…

ここほれワンワード8

インターネットから居なくなった人とは、二度と仲直りできないんだぞ! ー時代の風ー 「そんなのインターネットに限ったことじゃないだろう」とか「ネットだけの関係なんだからいいじゃないか」とか言われそうだけど。 喧嘩別れかどうかは別にして、突然いな…

ここほれワンワード7

人の、慣れた手つきを見るのが私はとても好きだ。 ーイチニクスー 慣れた手つき、洗練された手元、いいですね。 これぞ匠!みたいなことじゃなくても。 本人にとってはなんでもないことだとしても、その流れるような動きについ見とれてしまうことがあります…

ここほれワンワード6

女の子(3歳)に「せんせい、なんで けっこん しないの?」と聞かれたので「お嫁さんがいないの」と答えたら「なんで?」と聞かれて「彼女いないし…」と答えたら「なんで?」と聞かれて「先生のこと好きになってくれる人がいなくて…」と答えたら「なんで?」と…

ここほれワンワード5

考えたことを、うかつに、早まって、しゃべってはいけない。 — 思考の整理学 / 外山滋比古 その通りですね。(走馬灯) 後悔先に立たず。 ”うかつ”に”早まって”は、あとだからわかること。 でもどうしてもすぐに伝えたい、反応が見たい、仕方ないじゃないか…

ここほれワンワード4

「その人の過去を知ったからといって、その人を理解した気になるな」という言葉がすごく好き この言葉がすごく好き、、というわけではないけれど。 過去というか、それまで知らなかったことを知った途端にそのひとの印象が変わるということがあります。好き…

ここほれワンワード3

“11PMにて 藤本義一「火垂るの墓って兄貴が頭下げたら死なんで済んだんちゃうの」野坂「それ言うたらあきまへん、営業妨害ですわ」” アホ!ボケッ!なんでやねん! そういう良くも悪くも新喜劇的なツッコミ=大阪みたいになっていますけど、本来はそうじゃな…

ここほれワンワード2

掃除機をかけ終えた部屋の畳の上で大の字になると3秒間だけ永遠の夏休みみたいな気持ちになる -最中餡子- 確かに。 掃除機かけたあと、寝っ転がって天井見上げた瞬間のなんとも言えないあの清々しさと脱力感が入り混じったような感じ、これを”夏休み”です…

ここほれワンワード1

"おめえの問題を知ってるか? おめえは本の読みすぎだ。おめえが口を開くとかならず、ほかの誰かの考えが出てくる。まるで、腹話術師が操る人形みてえだよ" — フィリップ・カー『密送航路』 要するに「”おめえ”を見せろよ!」ってことなんでしょうか。 ゴー…

ここほれワンワード[はじめに]

日々のニュースはインターネットで知ることが多くなって、新聞(うちは朝日新聞です)を読むことがだんだん少なくなっている私ですが、鷲田清一さんの『折々のことば』(1面に連載中)のコーナーだけは毎日読んでいます。 (『折々のことば』は、朝日新聞社…

(改めまして)国立ぬ

新国立競技場建設問題、白紙に戻したはいいけど、なんだか更に闇が深くなったような…。ここからの展開は、アスリートと市民の意見がアリバイ的に反映されて、なんとも中途半端な建物ができるんでしょう。実際、そうならざるを得ないですもんね。どう頑張って…

続)フジロックにオレンジコートというステージがありました

FUJI ROCK FESTIVAL 2015 今年は天候にも恵まれ無事終了。行っとらんけどな! 前回投稿しましたオレンジコートの送り火(焚き火だそうですが)について、どうなったか気になっていたのですが、フジロックエキスプレスさんがレポートしてくれていました。 燃…

フジロックにオレンジコートというステージがありました

FUJI ROCK FESTIVAL 2015 もう2日目です。行っとらんけどな! 今年は、私の大好きなステージだったオレンジコートが失くなるということで、寂しい思いをしていたのですが、あのスペースはきっと何かに有効活用されるんだろうと思っていました。プールとか遊…

フジロックという遠足に持っていくおやつがわからない人へ⑥

だれ観たらいいの?って知らんがな。 今年は邦楽アーティストが多いですね。あと、ステージ(大好きなオレンジコートがぁあぁあ!)が1つ減った影響か、ややジャンルの幅に欠ける印象も。 などと、ネガティブなことを言いつつ、行けば楽しめるのがフジロック…

フジロックという遠足に持っていくおやつがわからない人へ⑤

先生は遠足の下見でもしっかり歩きます 会場内のことはあまり書くと行った時に新鮮味に欠けると思うので少しだけ。 ・ステージ間は修験道 フジロックの会場は広いです。ゲートをくぐって苗場に乾杯したら、全体の感覚を掴むために一度、奥のカフェ・ド・パリ…

フジロックという遠足に持っていくおやつがわからない人へ④

(③の続き)地味だけど君がいてくれて良かった持ち物 ・カロリーメイト(的な食べ物) カロリーメイトのボソボソ感が苦手な方は、カロリーメイト的な何かをお近くの薬局・ドラッグストアでお求めください。ご承知とは思いますが、スニッカーズ系は暑さで大変…

フジロックという遠足に持っていくおやつがわからない人へ③

地味だけど君がいてくれて良かった持ち物 ・ジップロック的な袋 台所にジップロックがあれば、お母さんを倒してでも持って行くと良いです。私は100均で似たようなのを買いましたが。 お金(多くて5,000円くらい)、スマホ、タイムテーブルをそれぞれ入れて持…

フジロックという遠足に持っていくおやつがわからない人へ②

声に出して読みたい持ち物(続き) ・バッグ 今まで使ったのが、まずリュックサック。収納力最高! でも背中が蒸れます。痒いです。ブツブツできそうです。あと、出し入れがけっこう面倒(特に雨の時)なのと、ついつい中に入れる荷物が多くなりがちです。3…

フジロックという遠足に持っていくおやつがわからない人へ①

はじめに 9年連続9回の参加をしていましたフジロックフェスティバルでしたが、2014に続き今年も欠席です。2020年までにはまた行きたい。いや、行ぐどー。 今年初めて行く人は今からドキドキもたくさんでしょう。 第○弾発表がされる度に誰出る?誰観る? 行く…

私的テレビガイド6号 ~街歩き(紀行)もの~

およそ1年ぶりの「テレビガイド」のコーナー。 その間に、ご紹介した番組がいくつか終了していますね、どんまい。 私自身が年々テレビを観なくなっておりますので、ご紹介できる番組も少ないですが、今回は最近増えているっぽい「街歩きもの(紀行もの)」を…

おみくじでドキッとするのやめたい。

今年のおみくじ、番号が44番でした。 ここで、 「44番?バースかよ!」 みたいな、昭和のツッコミができる皆さま、あけましておめでとうございます。 ちなみに「44番」でGoogle検索したら、先頭は「四国八十八箇所霊場第44番札所 大寶寺」でした。このお寺は…

出会い

散歩中、人に会うのは嫌いだけど、 ヤギに会うのは好きだ。

抱きしめた心の秋桜

この時期、テレビなどでは「~で◯万本のコスモス畑が見頃を迎えました!」的なニュースが多いのですが、私的ニュースとしては近所のお気入りの場所のコスモス数十本が見頃を迎えています。 私は「小屋」「小径(道)」「水路」が好きでして、それらが揃って…

稲刈りとパラソル

さ、稲でも刈りますか。 などと簡単にいくわけもなく、おコメを作るって大変。ウチは農家ではないので本当に尊敬するし、買ったお米をありがたくいただいております。 農作業の大変さは全然わかってないけれど、外に出て少し歩けば田んぼが広がっているので…

サムデーのMD

MDを捨てた。一つ残らず、だ。 自分で作ったお気に入りの一枚、友人が作ってくれたありがたい一枚、なぜに作った恥ずかしい一枚…、その他いろいろ。 わがまちでは、ケースは資源ゴミ、ディスクは埋め立てゴミだそうだ。 「え?MDって何?」って人も多いかも…

お盆のこと

子どもの頃、おばあちゃんや母親から「お盆は殺生したらアカン!」ってきつく言われたけど、最近はそんなこと言う人少なくなったんだろうな。 お盆と言えば精進料理で、出てくるものは豆類とか野菜ばかり。「え~?また精進料理なん?他の食べさせて!」と何…

シャイ顔

咲かない。 ハートはこんなに溢れているのに。

夏ひと休み

犬の散歩コース。 最近、この八重桜の木の下に座ってひと休みするようになった。 ここ自分遺産。 犬と一緒に一息ついていると、いい風が吹いてきたり、昆虫飛んできたり、鳥の声聴こえてきたり…。気持ちいい。 こんなことにいちいち小さな喜び感じるなんて、…

焼身ブレイクダウン

6月29日 新宿駅南口近くで男性が集団的自衛権行使容認への抗議を口にして焼身自殺を図ったというニュース。命は取り留めたとの報道のあと、続報はありませんね。 新宿駅南口で男性が焼身自殺図る? 集団的自衛権の行使容認に抗議か【UPDATE】 私はたまたまツ…

サッカーが好き、日本が好き、自分が好き。

日本人サポーター負けた後もW杯会場のゴミ拾い 「日本は文化も教育も最高だ!」と世界中から絶賛 : J-CASTニュース どうにかして雰囲気を盛り上げたい気持ちはわからないでもないのだけれど、なんでいつもこう「日本人サイコー!」みたいな話になるのでしょ…

私的テレビガイド5号

じゅげむ じゅげむ ごごうのすりきれ らくごしょうかい、 …というわけで今回は落語番組をご紹介します。 ♥『落語小僧』BSフジ 三宅裕司さんが司会を務めるプロ・アマ混合の落語番組。 『笑点』に出ている人ばかりが落語家ではない!というのがコンセプトかど…

武田徹『暴力的風景論』を読んだらこうなりました。

武田徹『暴力的風景論』|新潮社 風景とは、かくも危険なものである――。見る人の気分や世界観によって映り方が変わる風景は、“虚構”を生み、時に“暴力”の源泉となって現実に襲いかかる――。沖縄の米軍基地、連合赤軍と軽井沢、村上春樹の物語、オウムと富士山…

手羽先ぬ

今からもう12年ほど前になりますが、名古屋に1年間住んだことがあります。 それまでは「名古屋」から連想するものは、エビフリャー(エビフライ)、八丁味噌、きしめん、ういろう、小倉トーストなど、胸躍るラインナップではありませんでした。それどころか…

国立ぬ

国立競技場には一度も行ったことがないのですが、中学・高校時代は陸上部員としていつかあの場所で走ることを夢見て練習していた日々が懐かしいです。 結局その夢は叶いませんでしたが、東京へおのぼりさんしたとき、国立(くにたち)で「うぉぉ!コ・ク・リ…

よさこないし、恋してもクッキーは作らない選択。

下火になってきたとは言え、地方のイベントなどではまだまだ元気な「よさこい(YOSAKOI)」。踊っている皆さんは楽しそうで何よりなんですけれども、私はお神輿とか盆踊りとは違うあの独特なノリが苦手です。なんとも”逃げられない”あの感じ。 「一体感が最…

魚が空を歩いてもいいですか?

数日前にこちらの記事で紹介されていましたチームラボさんの作品『お絵かき水族館』を見ていまして書きたくなったことをいくつか。 Sketch Aquarium / お絵かき水族館 チームラボ, 2013 この水族館は、子どもたちが描いた魚たちが泳ぐ水族館です。子どもたち…

私刊テレビガイド4号 ~小雪なさい~

今日は、NHK『ミュージックポートレイト』をご紹介します。 この番組は、ゲスト二人が互いの人生の思い出の10曲を紹介しながらトークを進めていきます。 実は、そんなに強くお薦めする番組でもないのですが、時々おもしろい組み合わせがあるので油断なりま…

とらぬ狸のシャア専用

機動戦士ガンダムUC episode 7 「虹の彼方に」の公開と空港線開業・ラピート運行開始20周年を記念し、機動戦士ガンダムUCと南海電鉄の夢のタイアップが実現。空港特急ラピートが「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」で期間限定運行をする…

大好きだチーチーチー。

どなたか知っていたら教えてください。 私、ドラムの「ダチーチーチー」が大好きなのです。 本当の名前は知らないのですが、いつも私に元気をくれるとても大切なトモダチ-チーチーなのです。 ここまで読んで意味のわからない方とはトモダチ-チーチーにはな…

さくら、ビクンビクン。

誰かと花見行く度にFacebookにアップしたり、桜をオサレにInstagramでアップしてみたり、ここ数年で世間の桜の楽しみ方も随分と変わりましたね。 などと、冷めたこと言っていますけれど、私だって負けたくない、アイツになんか負けたくないんです! というわ…