読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私刊テレビガイド2号

2号投下します。

今回ご紹介する番組はどちらも「おぎやはぎ」がレギュラー出演している番組なのですが、たまたまです。2つあるからたまたまです。

❤『ぶらぶら美術・博物館BS日テレ

 アートは好きだけど、NHK日曜美術館』では背中が痒くなってしまうという方におすすめ。また、民放では少なくなった大人から子どもまで安心して見られる教養バラエティーです。

案内役は、S級~B級まで幅広くカバーする”万能文化系細胞”山田五郎さんなので、丁寧で親しみやすく、時には学芸員より上手に作品を解説してしまうほどです。着ているスーツもいつもおしゃれだし、一度おうちに遊びに行きたいです。

時々、同じ展覧会を『日曜美術館』と「ぶらぶら」の両方で紹介することがあるのですが、取り上げ方の違いを楽しむツウな鑑賞法もあります。

個人的に残念な点は、レギュラー出演者だった相沢紗世さんが高橋マリ子さんに交代してしまったことです。新レギュラーになってから数ヶ月経ちますが、沙世さん時代には見られた男性レギュラーからイジられる場面やおぎやはぎ(特に矢作さん)への反撃ミュージアムショップおねだりなどがすっかりなくなってしまいました。いつも新たな掛け合いを期待して見ているのですが、今のところあんまり馴染んでない感じです。沙世ちゃん帰ってきてください。

 

❤『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!BS日テレ

 この番組を見るまで、おぎやはぎのお二人がこんなに車が好きだとは知りませんでした。試乗するほうを決めるジャンケンの時に見せる「積極性」もこの番組以外見たことがありません。

 この番組は、ゲストの(初めて~現在の)愛車を思い出と共に紹介するという至って健全なトーク番組です。他局の番組である松任谷正隆さんの『カーグラフィックTV』にみられるような文学的というか説教臭さがなく、この番組では運転のフィーリングや内外装の感想は、ほぼ小木または矢作さんの発する「いいなぁ~」に集約されるので、ゲストも毎回上機嫌です。接待選手権があったらおぎやはぎ優勝です。

 ちなみに、これまで放送を見てきた限りでは、最後に行き着く車はだいたいベンツですね。ベンツ優勝。