キミを待っていた。

ずっと待っていたんだ、キミを。

大吉さん。

西高東低のたこ焼きの中、寒さこらえてお詣りしに行った甲斐がありました。ありがとう、あんな。

実を言うと、今年はすがすがしかおな年明けだったので、もしかしたら良いおみくじが引けるのではないかと思っていたのですが、その通りになりました。「大吉」の文字を見た瞬間、ちょっとジャンプしたモン。

f:id:meganegadoushita:20180104222645j:plain

 って思わずくまモンになっちゃったモン。

神様もご機嫌で文字数を間違えてしまわれたのか、和歌の解説の最後の“あります”がフォント小さくなってます。

あ、でもこれは大事なことなので小さく書きましたよということなのかも。

 

全体的な印象では、調子に乗り過ぎさえしなければ、盛運間違いなしのようです。

個別では、とりあえず商売始めたほうがよさそうなので、明日あたりからさっそく物件探してみるモン。

あとは、恋愛も病気も信じる気持ちを強く持つことですね。自分を信じて、神様を信じて、でも縁談は焦らされて、、みたいなエキサイティングな展開になりそうです。乞うご期待。

 

それと、『神の教』にはこう書かれていました。

f:id:meganegadoushita:20180104222334j:plain

なるほど。良い行いをするのに“いつから”ということはないのですね。

先ずはできることを自らすること。そしてその行いは必ずや自分に還ってくること。

 

ごめん、それ知ってた。

 

というわけで今年こそ実践できるように、頑張ってみんなに大吉振りまいていきたいと思います。