くだらない年末

 「パイパイ…」

 空耳か?

 「パイパイ…」

 まただ。

 「パイパイ…」

 間違いない。確かにそう言っている。

 いきなりどうしたんだ母さん。おチチの時間かい?

 

 オチを言ってしまえば、新聞の折込チラシを見ながら、今話題のQRコードスマホ決済アプリ『PayPay』を「パイパイ」と読んでいたのでした。

 考えてみれば、誤読して当たり前です。私は、以前から「払う=Pay(ペイ)する」という言い方には馴染みがありましたし、今やスマホ決済の代名詞でもある中国発『支付宝(アリペイ)』『微信支付(ウィーチャットペイ)』のことも、『習近平』のことも知っていましたし、後発の『LINE Pay』『楽天ペイ』のことも知っていましたから、母の誤読は逆に、“その発想はなかった”感じでした。

 そうか。むしろパイパイと読むほうが自然なのかも知れない、、。そう思った瞬間、先の「PayPay100億円あげちゃうキャンペーン」のときに、例えばヤマダ電機で、店員さんに支払い方法を聞かれたとき、少し恥ずかしそうに「パイパイで…。」って言ってしまう人がいたかも。いや、もしかしたら、店員さんの中にもPayPayの読み方を知らなかったり、すごく“優しい”人がいて「それではまずお客様のパイパイを立ち上げてください。」みたいなやりとりがあったかも知れません。うわぁ。これはもう完全にシチュエーションコントの出来上がりです。既に志村けんさんや内村光良さんあたりは、台本書いてるかも知れないマンです。登場人物の性別や年齢、設定などを変えれば、チャイルドものからアダルトものまでたくさんのバージョンができそうです。

 ドリフコントっぽく仕上げるなら、基本場面はコンビニ、女性店員役は優香さんか小池栄子さん、お客の中年サラリーマン役は志村のけんさんがお約束でしょう。ああ、いかりやチョーさんバージョンも見てみたい。まあどちらにしても、後ろに並んでいるお客さんには仲本工事さんか高木ブーさんかなぁ。ゲストに温水洋一さんでもいいかも知れない。それで、みんな自分の思ってる読み方があって正解がわからなくて、各々密かにガラケーとかスマホとか広辞苑とか角のタバコ屋のおばあちゃんとかを使って、正しい読み方を知ろうとするんだけど、確かなことがわからなくて、、ところでそのタバコ屋のおばあちゃん役は松金よね子さんで「あたしゃ知らないよ。何か買ってくれたら知ってる人呼んできてあげてもいいけど、あんたここで“待つかね”?」みたいな隠れメッセージがあるかと思ったら、呼ばれて出て来たのが、左とん平さんで「ヘイユウ?お前か?この俺を呼んだのは!」って言いながらあの世から戻って来るときかかる曲はもちろん『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』だし、


とん平のヘイ・ユウ・ブルース Tompei's Hey You Blues - 左 とん平

「ヘイユウ!ヨウツベだか何だか知らねぇけどよぉ、おめぇさん、いつもタダでオレの曲聴いてるそうじゃねぇか。たまにはちゃんとギャラ払ってくれよな?もちろん、払いは“とんPay”だぜ!…って、冗談っだっつうの。まああの世じゃ金持ってても仕方ねぇからな、おめぇさんの好きにしろよペイペー。」みたいなやりとりがあったりなかったりで、みんなもう「ペイペイ」か「パイパイ」か「パイペイ」か「ペイパイ」かなんだかわからないことになってきたりもするんだけど、志村けんのバカ殿様的にはやっぱり「オッペイ(オッパイ)」だよねー、ってなって若い女性店員とどうにかなろうとするんだけど、松金よね子の「じゃあ、アタシの(オッペイ)を…」っていうのを軽く挟んだりしつつ、遂には女性店員が怒って「んなわけねぇだろ!」ってお客(志村けん)の顔面めがけて生クリームがたっぷり乗ったパイ投げつけるんだけど、上手くよけられて後ろに並んでる違うお客さんに当たってしまって、そこからいろんな人が入って来てはパイが店内を乱れ飛ぶ展開になって、最後は温水さんの顔面にパイがヒットしてひと言、「ダッフンダ!」かなぁ。でも、やっぱりそんな食べ物を粗末に扱うようなことは良くないから、アダモちゃんに“アレ”出してもらって、場が冷え切った感じで終わらせたいなぁ、でも今のPay世代はアダモちゃんのことも全く知らないだろうし、そもそも人種差別に敏感な時代だからなぁ、ああいうのは世間的にもスポンサー的にもアウトなんだよ。「ナイキ」や「H&M」、「D&G」もエライことになったしなぁ。みたいなことで、たぶんアダモちゃん出したくてうずうずしているギョーカイの人もいるんだろうなぁ、バカだなぁ。バカだけど、気持ちわかるなぁ。わかる、わかるよ。だからわかる人、わかろうとしてくれる人に見て欲しいなぁ。

 それでは参りましょう。島崎俊郎さんで、平成最後の“ペイ”です。

 どうぞ!


島崎俊郎のアダモちゃん・最終回 1989年

 みたいなくだらないことを、ずっと考えながら来年も生きていけたらなぁと思う今年の年末、みんなみんなお疲れさま。

 いいことありますように、ペイッ!