寂しい瞬間

 今週末にかけて5月としては記録的な暑さになると聞いても、“5月としては”、でしょう?まだいける。と思っているうちにタイミングを逃した昨年の反省から、今日はエアコンのフィルター掃除をしました。

 掃除と言っても、ホコリを取って軽く洗うくらいのことなのですが、我が家のエアコンには、「自動クリーニング」機能がついているので、掃除は滅多にしなくていい特別措置法が施行されています。

 ちなみに、2週間に1度フィルターを掃除すると、年間数パーセントの電気代の節約になるらしいです。すごいです、私のエネルギーがもたないです。

 さて、エアコンの電源プラグを抜き、本体カバーを開けると、いきなりポトッと落ちてきました綿埃と虫の死骸。この瞬間、覚悟を決めました。室内を開け放ち、鼻と口のマスクに加えて、両手に使い捨てのゴム手袋を装着。

 掃除機でホコリの粗落としをしてから、拭き掃除をし、自動クリーニングのホコリ受けを外してタップリの中身を捨てたら、フィルターを取り外し、水洗いして陰干し。その間に、吹き出し口の奥に見えるカビみたいな汚れをフィンの隙間から布を巻いた割り箸をつっこんで消毒液を噴霧しながらキレイにしたあと、フィルターとホコリ受けを元に戻し、本体のカバーを閉めたら、足元の床に掃除機をかけ、汚れた布と割り箸、手袋は外のゴミ箱へ入れ、そして手洗いとうがい励行。エアコンの電源プラグを挿して、リモコンで設定温度を18℃にして冷房の試運転、続いて除湿の試運転をして、運転中の室外機も含めて10分間程度問題がなかったので、異常なしと判断して作業終了!

 あぁあぁぁ、やっと終わった。さ、ゆっくり外に座って犬と遊ぼかなー。

 

 …って、あ。犬、死んでた。

 そうなんですよね、もう1年半になります。でもこのとき、自分でもびっくりするくらい自然に、生きているつもりになっていたので、次の瞬間ポッカリ寂しくなりました。

 これか。忘れていた悲しみが、ふとした瞬間に寂しさに変わる、っていうのは。

 でもまあ、これも心の中に生きている証拠には違いない。

 

 そして、これはちょっと出来すぎなのかも知れないけれど、夜、母の「蛍!」の声で外に出ると、椅子の上で1匹の蛍が元気にお尻を光らせていました。

 初蛍。なるほどこれに変わったか。