読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーが好き、日本が好き、自分が好き。

社会

日本人サポーター負けた後もW杯会場のゴミ拾い 「日本は文化も教育も最高だ!」と世界中から絶賛 : J-CASTニュース

   どうにかして雰囲気を盛り上げたい気持ちはわからないでもないのだけれど、なんでいつもこう「日本人サイコー!」みたいな話になるのでしょうね。

 で、次に「日本の常識は世界の非常識!」みたいな人が出てくる。だいたいこのパターン。

サッカーW杯での日本サポーターのゴミ拾い 「マナー違反」「掃除人の仕事を奪った」、ネットで議論 : J-CASTニュース

  どちらも、切り口は「日本(人)が世界からどう見られているか?」ってことなんだろうけれど、 ひとつの事例を取り上げて「日本(人)論」みたいな話に仕立てることで、出来事を自分の都合の良いように解釈してるだけじゃないのかな。

 冷静に考えたら、試合後にゴミ拾う人がいたくらいのことで日本を語るなんて、すごく短絡的だし、危険ですらある。「偏見」が生まれる思考パターンと同じ。ひとつ黒ならみんな黒みたいなの。

 それこそ”日本人”は「自分が周りからどう見られているか」を気にすると言われているけれど、私は「自分”以外”が周りからどう見られているか」で自分を安心させたいところがあると思っています。

 今回のゴミ拾いのサポーターの話も、サポーターに対する周りの評価が良ければ自分は「あの人たちと同じ」、悪ければ「あの人たちと違う」ってことにして安心したい気持ちがあるんじゃないかな。”あなた”は何もしていないし、誰からも見られていないのにね。

 まあ私も似たようなものだし、偉そうなことは言えないのだけれど、そういう自覚は持っておいたほうがいいと思います。

渋谷交差点、W杯騒ぎに乗じて痴漢続出? 被害訴え相次ぎ、「痴漢した」報告も : J-CASTニュース

 ブラジルには負けてもゴミ拾いする日本のサポーターがいる一方で、国内では勝っても負けても大騒ぎする人がいる。そして、それらを自分の安心材料として見ているその他大勢の人がいる。

 結局、どれも同じ”日本人”の姿なんだけれど

 ・相手をひとりの人間として扱う

 ・自分の行動に責任を持つ

 この2点を基準にして考えれば、”ナニ人”が何をどうしたかなんて本当はどうでもいい。それよりお前はどうなんだよって話ですね。

 とりあえず、サッカーワールドカップブラジル大会については、自分らしくしっかりとゴミ箱片手にワールドクラスのプレーに酔いながらテレビ観戦しようと思います。もちろん日本がんばれ。

 

 それともうひとつの楽しみ方が、各国の代表ユニフォームを見ることです。

 これまで確認した中では、イタリア代表のユニフォームのデザインが一番おしゃれ。(写真はFIFAの公式ページより) 

f:id:meganegadoushita:20140619142045j:plain

 左側のおっぱい触られて困っているのが、イタリア代表のマルコ・ヴェラッティ選手です。

 まず、ユニフォームの青がきれい。白の縦ラインも効いてます。よっ!地中海!

 この写真では見づらいのですが、襟がボタンダウンになっていたり、首元と袖口にさりげなくトリコローレが入っていたり、プーマをプーマっぽく感じさせないあたりがさすがです。胸の番号の位置もいいですね。

 おしゃれナンバーワンはイタリア代表で決まりと思うのですが、私のお気に入りはクロアチア代表です。

f:id:meganegadoushita:20140619144351j:plain

 この中央でカメルーン代表にいじめられているのが、クロアチアのナントカッチ選手とナントカッチ選手なのですが、この実況泣かせの選手名と赤と白の市松模様がたまらなく好きなので、いつも応援しています。もう少し、シルエットと素材に高級感があったら言うことないです。

 カメルーン代表ユニフォームのトライバルな色使いや模様も好きなので、この2チームにはなんとか予選グループを勝ち抜いて欲しいのですが、カメルーンは絶望的(しかも仲間割れ)、クロアチアはなんとか望みをつないでいますが難しそうです。

 各国の代表ユニフォームのメーカーを調べると、「アディダス」「プーマ」「ナイキ」の3社がほとんどを占めています。その中で異彩を放っているのが、コスタリカ代表の「ロット」、ベルギー代表の「バーダ」、イラン代表の「ウールシュポルト」です。

Lotto Japan ロットジャパン

BURRDA SPORT

uhlsport FUSSBALL | uhlsport FUSSBALL

 真ん中の産まれそうなお腹の人が、コスタリカ代表のジョエル・キャンベル選手です。赤が基調のユニフォームの方も見てみたいです。

f:id:meganegadoushita:20140619182001j:plain

 「ロット」はイタリアのブランドらしく、シンプルながらもアクセントが効いたデザインですね。

 

 中央で審判と戦っている人がベルギー代表のヴァンサン・コンパニ選手です。

f:id:meganegadoushita:20140619183327j:plain

  「バーダ」って調べるまで知らなかったのですが、スイスの新興メーカーだそうですね。ヨーロピアンな落ち着きがあって、何となくドイツかベルギービールが飲みたくなるデザインです。

 

 脇腹に一発決められているのがイラン代表のアシュカン・デジャガ選手です。この後転倒間違いなしです。

f:id:meganegadoushita:20140619184545j:plain

  イラン代表のユニフォームについては、対戦相手との間で慣例になっているユニフォーム交換が財政難のためできないのでは?という憶測が広がって、違う意味で話題になっていましたが、今のところ大丈夫なようで良かったです。

 「ウールシュポルト」は、全く聞いたことのないブランドだったのですが、「ゴールキーパーの世界でウールシュポルト知らん奴はおらん!」みたいなことらしいです。わし、知らんがな。

 

 以上、こんな感じでワールドカップを楽しんでおります。

 あなたの鑑賞法はどんなでしょうか。