読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭皮マッサージャー(使用感ほか)

随筆

f:id:meganegadoushita:20151023105001j:plain

 10月も今日で終わり。明日からは、頭皮マッサージャー(パナソニックさん的には頭皮エステ)を使い始めてひと月経過の11月です。

 前回記事から、私の床屋の思い出よりも機器の使用感が気になっていた方もいるのではないかと思い、そんなあなたを想い、書きます。

 

 まず、単刀直毛に申しまして、発毛効果は確認できておりません。メーカーのホームページを見ても、そういった効果への言及はなく、あくまで健やかな頭皮を目指すための「ヘッドスパ」を意識した製品です。

 健全な頭皮に健全な毛魂が宿るというようなことも書いてありませんので、二次的な育毛(発毛)効果についても、知らんがなと思ったほうがよさそうです。

 

 ただ、私自身は気に入っております。

 特殊なブラシが懸命に頭皮を弄る“フォーフィンガースパイラル”、そのウィ~ンウィ~ンというモーター音とブラシの毛先からの刺激のこと、どうやら好きみたいです。

 この機器は、回転スピード(強度)が選べるようになっている(※皮脂洗浄タイプの場合 は3モード)のですが、個人的には、エステ感を出すならHIGHよりもLOW気味に使ったほうが良いと思います。

 特に男性の場合はより強い刺激を求めて higher and higher になりがちですが、そこは頭皮のためにグッとこらえて、その本能を優しさと気遣いで中和してあげたいところです。最初からサロンタッチタイプ(女性向け商品)を選ぶのもいいかも知れませんね。違いはよくわかりませんが。

 その他注意点としましては、髪が長いとブラシが巻き込んでしまい抜毛リスクがあるような気もしますので、本当に大切なものはやっぱり手洗いが良いと思います。

 

 さて、ここからは私の入浴方法と頭皮マッサージャーの使い方の説明なので、私個人に興味のある方のみでお願いします。

 私は風呂に入るときは先に体を洗って、シャンプーを済ませてから湯船に浸かります。シャンプーは2回します。リンス・コンディショナーはしません。タモリさんはシャンプーもしません。湯せんのみだそうです。

============== 

 私のこれまでの入浴パターンです

 1風呂椅子に座る … すでに寒い 

 2かけ湯をする … 寒いとずっとかけてる お湯もったいない

 3体をボディーソープで洗う(素手) … だんだん寒い 急ぐ 

 4頭シャンプー1回目 … どんどん寒い 急ぐ

 5頭シャンプー2回目 … 嫌になっている  腕疲れる 

 6かけ湯をする … 膝の裏をよく流し忘れる(座ったままなので)

 7湯船へ … ぬるめに15分~20分

============== 

 風呂で身体を洗うのは仕方ないとして、私は昔からずっと、シャンプーを早く楽に済ませたい(特に寒い時期)と思い悩んできました。

 頭皮マッサージャーに出会ってからは、先に洗い場で軽く泡立ててからですがシャンプー2回目は湯船の中でしています。シャンプーの泡が目に入ったり、湯船に落ちたりもしますが、気のせいということにすれば平気です。

 頭皮マッサージャーをウィ~ンウィ~ンさせながらアロマ系の入浴剤入りの湯船に浸かってゆっくりしているとき…、こ、これはまさしく、エ、エステや!

 これで少し念願が叶った感じです。早く湯船に浸かれて温まれるし、腕を頭に置くだけで済むから楽だし、湯気で皮脂も浮きやすいし、今までより汚れをしっかり落とせて頭皮がスパッとします。

 あとは服のまま入れるお風呂が発明されば私の悩みは解決です。

 

 中には、かけ湯してすぐ湯船に入ればいいとか、シャンプーは後にしたら?とかいろいろご意見があると思いますが、そっとしておいてください。

 

 こんな感じで今のところ毎日使っているのですが、“エステ”の途中で充電が切れるときがあります。その最期を迎える間際の音にすごく感情移入してしまう自分がいます。 

 

ウィ~ンウィ~ンウィ~ン ウィ~ン ウィ~ン ウ ィ~ン  ウ  ィ  ン    ウ   ィ    ゥ … )

 

 次の瞬間に襲ってくる虚無感、いつも湯冷めしそうになります。