神様お願い【特別編】

  子どもの頃、私の家の周りは蛍がたくさん飛んでいました。昔からよく言われるのが、気温と湿度が高く空気がモワッとした日の夜、時間は夜9時までくらいなら必ず出てくる。

 アニメ『火垂るの墓』の蛍が舞うシーンのような光景が昭和の終わり頃くらいまでは見られました。 


火垂るの墓 f

 しかし、今はその条件を満たしても、お目にかかれることは滅多にありません。かかれたとしても、多くて数匹が弱々しい光を放ちながら飛んでいる程度です。

 ちなみに去年は、ここに書いた一度だけ。

meganegadoushita.hateblo.jp

  見たのはゴールデンウィークが終わってからだったと思います。蛍の見頃は、5月下旬~6月中旬くらいと言われているので、早めの初蛍が、そのまま“蛍の光”だったことになります。今年は6月が終わっても一度も見ることはありませんでした。

 蛍暦零和元年になるかと思っていましたら、本日蛍を見ることができました。なんとまたも自宅で。

 前回は、エアコン掃除のあとだったのですが、今回は水廻りの掃除のあと。三角コーナーに溜まったゴミをポリバケツに移そうと外に出た瞬間、小さな光がひとつ、スーッと現れました。時間は夜9時を随分と過ぎていました。

 

 実は私、今日の昼間、知人が飼っている犬(メス)を撫でさせてもらえる機会に恵まれまして。私は彼女の毛と肉の感触を確かめながら、我が愛犬(オス)に毎日おねだりされていた日々を思いd、、いや、正確には、「やっぱまた犬飼いてぇなぁあああっ!」と強く思ったというようなことがあったのです。

 去年も、出来過ぎなくらいのタイミングで蛍が現れたので、これは転生蛍に違いないと思ったのですが、まさかの二年連続。もう7月ですから、どうやら今年はこれが本当の蛍の光になりそう。

 

 前編・後編で、犬は次のためにおしっこを残しておくみたいな話をしたのですが、まさか、この世に魂の欠片を残していたとは。もしかしたら、私の指先についたメスのにおいに惹かれたか、嫉妬しただけかも知れないけれど、できれば来年また逢いましょう。お互いまだ、残っていたら。