レモン パプリカ スムージー

 少し前のことです。自宅のテレビをつけたら、このミュージックビデオが流れていて、「どんなけ花咲かすねん。」と思いました。NHKさん、もう十分にいつか生まれるキミに花を咲かせたでしょうが、と。


<NHK>2020応援ソング「パプリカ」ダンス ミュージックビデオ

 曲自体は、初めて聴いた感じはしなくて、何かのリメイクかと思いました。特に、サビの“パプリーカ”が耳に残り、気になっていました。

 それからは、タイミングが合わなかったのか、曲を耳にすることはなかったのですが、つい先日、この曲が米津玄師さんによるものであること、そして、巷では子どもたちがこの曲で爆踊りしていると話題になっていることを知りました。

 私は、お恥ずかしいことに、米津玄師さんの代表曲『Lemon』を未だにしっかり聴いたことがありませんし、世間で言われるような彼の凄さもよくわかっていません。

 この対談記事も先ほど読んだばかりなのですが、私には驚きの内容でした。 この曲を初めて聴いた気がしなかったこと、サビの「パプリカ」が耳に残ったことは、彼の意図していたことだったからです。

news.mynavi.jp

 私よりも随分と若い彼が、そのまた彼よりもずーんと若い子ども達に向けて作った曲が、私の心をかすめたのはなぜでしょうか。

 かつての“小室サウンド”のように、音学的な「ヒットの法則」のようなものを一番に挙げる人はいるでしょうし、確かにそれはあるでしょう。

 しかし、彼はそれ以上に、そのような作り込みにはない魅力(魔力?)を「パプリカ」に見ていたように思います。つまり、パプリカは、パプリカであってパプリカではないのです。

 …ってここで、何が“つまり”なんだ!?と思った方には、伝わらないでしょうが、私のパプリカが「セニョリータ」だったとき、私の踵は大きく弾んだのです。それは、「アメリカ」かも知れない。「さきいか」かも知れない。

 

 ちなみに、この曲で子どもが爆踊りする理由と音楽的なこととは、あまり関係がないように思います。

 子どもって、遊びや真似ごとには常に全力か、それ以上ですから。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


RTSF 2019 – Dietmar & Nellia – Never Stop Jiving