あすなろう

f:id:meganegadoushita:20190312112618j:plain

 先日、梅を見に行きました。もう見頃は過ぎていましたけれど、中には綺麗に咲いているものもありました。

 うれしくて写真を撮り、これはさぞかし良い春が来るのだろうと思いました。よし、次へ行こうと自分のクルマへ戻る途中に、ふと自分のクルマの排気マフラーの位置が、いつもより垂れ下がっていることに気付きました。

 近付いて、車体の下を覗き込むと、マフラーを支えている部分が錆びて落ちていました。このままにしておくと、重みでマフラーごと折れてしまうと思い、近くにあったホームセンターで防水テープを買い、応急処置をしました。

 その時、私は指を切りました。先程、シャッターを切った同じ人差し指を。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 さて、今日は用事で姉と甥っ子と3人で出かけました。用事を済ませ、“イオン”的なところで昼食をとった後に、姉が服を見て帰りたいというので、付き合うことに。

 最初は、姉はひとりで選びたいのかと思い、私は甥っ子を連れて同じフロアをうろうろしていましたが、なかなか決まりそうもないので、一緒に選ぶことにしました。

 甥っ子の意見も聞いたり(聞き流したり)しつつ選んだ服を手に、姉は試着室へ入りました。甥っ子は、カーテンの前でガードマンをしていました。

 「もう着た?いい?」

 「うん。」

 シャーっとカーテンが開き、いつもと少し違う感じのお母さんを見た甥っ子は、

 「わぁ!」と声を上げ、パチパチパチパチと拍手をしました。

 その瞬間、姉の脳から神経伝達物質が瀧のように流れ出たことでしょう。

 そこにいた人たちに影響を及ぼすほどのしあわせホルモン。私には、二人の世界が輝いて見えました。

 半額のブラウスに20%オフのカットソー。レジに行くと、2つ合わせて1万円を切っていました。

 今日は、本当に良い買い物でした。明日はさくらの木になろう。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本当はここで『Happy Birthday』を流したかったのですが、今は生憎このサンプルしかないようなのでこちらを。


Denki Groove - Asunaro Sunshine [Live at FUJI ROCK 2006]

 私もこの中にいたので共犯者になるのかな。